HOME>イチオシ情報>卒業後の進路を見据えてスキルやノウハウを習得

取得できる資格を調べること

女性とエステシャン

美容師国家資格とは異なり、エステティシャンの資格というのは協会が認めた資格となります。そのため、専門学校によって取得できる資格が大きく異なっています。エステティシャンとして働くためには資格が不可欠ですが、自分が働きたい職場によって求められる資格が大きく異なるため、どの資格を取得することができるのかを専門学校を決める際にきちんと調べておくことです。専門学校によっては、フランスの政府が認めた世界的なエステティシャンの資格を取得することができます。この資格を得られれば、日本国内のみならず、海外で働くことも夢ではありません。自分のキャリアパスをよく考えた上で専門学校を選ぶことが好ましいです。また、専門学校で得られる資格はエステティシャンだけではありません。アロマに関する知識を深めることで、アロマセラピストの資格を取得できるため、将来を見据えて選択しましょう。

スキルと開業のノウハウを学ぶ

施術

エステティシャンが活躍できる職場というのは、エステサロンに限定されません。資格を生かしてセラピストやカウンセラーになる道も開かれているのです。専門学校では、卒業後の選択肢を広げることを目的としたカリキュラムが充実しており、エステティシャンだけでなく様々なスキルを習得することができます。将来的に自ら経営者となり、サロンを開業するためのスキルや開業のためのノウハウをも学べる環境が整っているのです。エステ業界では様々な美容機器が開発されていますが、やはり人気が高いのがハンドエステです。人の手のぬくもりを感じながら心地よさを感じることができると評判なので、専門学校では依然としてハンド技術に力を入れているのです。